キャスト紹介・解説

カテゴリ:キャスト紹介・解説 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスト紹介:スカウト

scout.jpg

ベーシックキャストの回復と強化系バフを担っているのがスカウトです。
こちらは基本的に一切攻撃ができませんが(短剣を持つときは別です)
攻撃に参加しない代わりにMCC内のキャストを回復する事ができる
という少々特殊なキャストです。
回復スタンスの中に蘇生、状態異常回復魔法も持っており、
どのような場所でも活躍できます。
また、スタンスの一つに強化バフをかける事が出来るものがあり
こちらのバフはウィザードの防御系バフとは違い
攻撃に関するものが殆どで、攻撃力、攻撃速度、回復力など
攻撃を担当しているキャストには欠かせないものばかりです。
固有スキルは『ヒーリング』で、この魔法で基本的な回復をしてくれます。

防御面に関してはファイターの次に高く、
ヒーリングという回復手段もあるせいか生存性は高い、といえますが
自分以外に他者も回復するので敵に狙われる確立がとても高く
必ずしも生存性が高いというわけでもありません。

私の家門内での位置付けは回復と強化系バフ担当で
ベテランになるまで第一線で活躍しておりました。
現在は別のNPCキャストに取って代わられてしまいましたが
今でも低レベル育成時のバフ担当として回復とバフを頑張っています。

紹介トップに戻る

キャスト紹介:ウィザード

wizard.jpg

ベーシックキャストの魔法攻撃と防御バフを担っているのがウィザードです。
魔法攻撃に関しては念動属性のみを扱うことができますが
ウォーロックと比べるとどうしても攻撃力が不足してしまいます。
ですが、ウィザードの真価は防御バフにあるといっても過言ではなく
物理・魔法、両属性からの攻撃をしっかり防御してくれますので
防御面を強化したいマップなどではとても重宝します。
固有スキルの『エナジーシールド』は
敵から受ける自分のダメージをSPに変換してしまうというもので
普通にダメージを受けるとHPが減りますが、このバフを使っていると
HPの代わりにSPが減っていきますので防御面ではとても助かります。

私の家門内での位置付けはやはり防御バフを担当しておりますが
扱いが難しく、いまだにベテランにもなっておりません。
ただ、低レベルの育成時に防御を担当としており
防御バフを駆使して活躍しているのもまた事実です。

紹介トップに戻る

キャスト紹介:マスケッティア

musketiere.jpg

ベーシックキャスト内で遠距離物理攻撃を担っているのがマスケッティアです。
長銃、拳銃、銃剣と3種の銃器を扱うことができ、
攻撃性能がとても高いのが特徴で、多数より単体に対して強いタイプです。
固有スキルの『コンセントレート』も射撃性能を高めるタイプのもので
命中、ダメージ、クリティカル率を大幅に上げてくれるものです。
また、空を浮いている敵には射撃か魔法攻撃以外は通用せず、
空に浮いて攻撃してくる敵がいる場所では特に活躍できます。

攻撃性能がとても高いキャストですが、逆に防御性能は低く
物理防御に関してはファイターよりも低いため
接近されすぎると受けるダメージが増加し、
攻撃できなくなるという状況に陥る場合もあります。
(オートで後ろに下がり攻撃、という流れで攻撃をします)
ただ、魔法攻撃に対してはファイターよりも防御性能が高く
魔法攻撃が多用される場所では重宝されることでしょう。

私の家門内での位置付けは物理攻撃担当として扱っています。
組むことがあるキャストは多種多様で
よほど特殊な場合を除きどんな場所でも活躍しています。

紹介トップに戻る

キャスト紹介:ウォーロック

warlock.jpg

ベーシックキャストの魔法攻撃を担っているのがウォーロックです。
火炎、氷結、電撃、特殊腕輪の4種の腕輪を装備することができ
魔法攻撃に関してはNPCキャストを含めても
最高位に位置づけられているほど攻撃性能は高いです。
またマスケッティアとは違い、
単体攻撃より複数攻撃に向いているのが特徴です。
固有スキルの『エレメンタルペネトレイション』は
スキルキャスティング速度の減少と相手の属性抵抗無効化で
こちらも攻撃性能を高めるタイプのスキルです。

上記のとおり、マスケッティアと酷似しているのは攻撃面だけでなく
防御面も似通っており、こちらも物理攻撃に関しては弱いです。
反面、魔法攻撃に関しては秀でているものがあり
とても高い性能を示しています。

私の家門内での位置付けは範囲攻撃を主に担当しています。
敵の属性抵抗の高さによって魔法は使い分けていますが
基本は氷結を好んで使っています。

紹介トップに戻る

キャスト紹介:ファイター

fighter.jpg

ベーシックキャストの近接物理攻撃を担っているのがファイターです。
多種多様な武器を装備できるため、ベーシック、NPCキャストの中で
随一のスタンス習得が可能なことが最大の特徴です。
そのため状況にあわせた武器を選択することが出来ます。
固有スキルは『プロヴォーク』といい、
自分の周囲の敵の攻撃を自身に向けるという特殊なスキルです。
(また、空に浮かぶ敵を一時的に地上扱いにするという特殊性もあります。)
ですので、キャスト編成で物理ダメージが厳しいキャストがいる場合、
とても重宝するキャストです。

物理攻撃に対しては特に強いキャストですが、装備の関係上
魔法には打たれ弱く、魔法攻撃をしてくる敵に対してのダメージを
抑えることが出来ないところがあります。

私の家門内では攻撃担当というよりも防御担当という位置付けで
ウォーロック、エミリアなどの耐久性能が低いキャストと
編成を組むことが多いです。

紹介トップに戻る

続きを読むの方に自家門所属のファイター、
クリスカについて書いていきたいと思いますがまだ準備中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。