スポンサー広告 > 攻略:カスティア鉱山
グラナド・エスパダ攻略 > 攻略:カスティア鉱山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻略:カスティア鉱山

今回は私的な情報ということで
カスティア鉱山の攻略用データを書いていきたいと思います。
敵をグループに分けていくために
ルーム1などのように小分けしていきます。
こちらが使ったほうが良いスキルには『』で囲っておきます。
また、鉱山の敵の名前は初めにカオスがついている敵ばかりなので
説明で名称を書く場合、カオスを省いておきますのでご注意ください。

castilla_Map001.jpg

ルーム1
・カオスベアワーカー
 攻撃方法は物理、たまに範囲攻撃を使ってきます。
 防御手段は『プロテクションフィールド』で問題ありません。

・カオスアイアンアララット
 攻撃方法は物理で範囲攻撃も使ってきますが
 真の脅威は範囲フィアーなので防御手段として
 『インバナレブル』が最適です。 
 フィアーになった場合は『リカバー』で回復できます。

・カオスミニアイアンアララット
 アイアンアララットが一定の時間もしくは体力になると
 召喚してくるアイアンアララットを劣化させたような敵です。
 使用してくるスキルも似通っているため対策も同じです。

ルーム2
・カオスフォビタンウォーリア
 攻撃方法は物理のみなので防御手段は
 『プロテクションフィールド』のみで問題ありません。

・カオスフォビタンジェネラル
 攻撃方法は物理のみなので防御手段は
 『プロテクションフィールド』のみで問題ありませんが
 体力がある程度減ってしまうとフォビタンという敵を
 大量に召喚してきます。こちらが撃沈されてしまう要因の一つです。
 また、この召喚と同時にフォビタンジェネラルがいた付近に
 ライトニングフォビタンも現れてきますので
 フォビタンジェネラルと戦う時は通路側まで下がったほうが
 より安全に対処できます。

・カオスフォビタン
 フォビタンジェネラルが召喚してくる敵で対応策も同じですが
 フォビタンの近くで「スキルを使わない」・「絶対に攻撃しない」
 という行為をすると召喚してきた瞬間に狙われたキャストが
 やられてしまうことと同時にフォビタン全員の動きが止まります。
 この習性を利用して各個撃破が望ましいと思います。
 (追記2011年6月24日現在)

・カオスライトニングフォビタン
 こちらも物理攻撃で防御手段も変わりませんが
 通常攻撃は若干広く、範囲攻撃なので
 攻撃されているキャストには近づかないような位置で
 戦っていくのが最良です。
 あと、稀に感電させてきますので迅速に対応しましょう。

ルーム3

・カオスラジムラム
 鉱山内で初の遠距離攻撃をしてくる敵で
 通常攻撃は3属性系統の何かで攻撃してきますので
 防御手段は『アンチマジックシェル』がいいでしょう。

・カオスセレメンティック
 通常攻撃は物理なので『プロテクションフィールド』で
 問題ありませんが、たまに毒の霧のような範囲攻撃をしてきます。
 その時のダメージにさえ気をつけておけば倒しやすいと思います。

・カオスバシリスク
 生半可な装備、レベル、キャストだと間違いなく返り討ちに合う
 鉱山内で最も忌み嫌われているであろう相手です。
 通常攻撃は念動属性のため『スピリチュアルシールド』が最適です。
 ただ、通常攻撃は範囲攻撃のため、密集していると
 集団でダメージを受けますので離れて攻撃するのが望ましいです。

 スキル攻撃は単体指定なのでダメージに気をつけていれば
 やられてしまっても即座に復帰可能です。
 ですが、体力が1/10くらいまで減ってしまうと
 バジリスクの能力を大幅に引き上げるバフを自身にかけてしまいます。

 それがバシリスクが最も嫌われている最大の理由で
 この状態のバシリスクの攻撃力はとてつもなく高く
 生半可な防御手段だとスキル攻撃の一撃でやられてしまいます。
 ですので、スタンなどの行動不能状態にして
 一気に畳み掛けるのが主流の戦い方になっています。

 が、防御手段がないわけでもありませんのでそちらも記載しておきます。
 ラピエル系の『ロペラ』、インカンテーションの『マジックバリア』
 こちらの二つは確率的に魔法攻撃を無視してしまうスキルです。
 無視できている間に畳み掛ける戦法です。
 
 インカンテーションの『インバナレブル』
 こちらは最大で十数秒間だけすべてのダメージを1にしてしまう
 というスキルで絶対防衛力があります。
 単体指定なので蘇生と攻撃力を併せ持つキャストに使うといいと思います。

 どちらのスキルも防衛的なものなので過信は禁物です。

・カオスディンゴ
・カオスワーム
 この二匹の敵は物理攻撃のみで特に注意する部分もありませんでした。
 防御も『プロテクションフィールド』のみで十分でした。

ルーム4
・カオスコモド
・カオスデモニシェ
・カオスゲーコス
・カオスマルカス
・カオスブリックドッグ
 このルームの敵はすべてが物理攻撃で特に目立った攻撃もしませんので
 『プロテクションフィールド』を切らさないようにしておけば
 問題なく進行できます。

ルーム5
・カオスフレンジー
・カオスファナティック
 こちらの敵はすべてが物理攻撃で特に目立った攻撃もしませんので
 『プロテクションフィールド』を切らさないようにしておけば
 問題なく進行できます。

・カオスクリサリス 属性不明???
 クリサリスは通常攻撃は範囲の物理攻撃のようで
 『プロテクションフィールド』で防御できますが
 非常に範囲が広いスキルを使ってきます。
 このスキルは各種防御バフを使いダメージをカットできるか
 調べてみましたところ、物理、3属性、念動とどちらも該当せず
 ダメージを抑えることが出来ませんでした。
 ですので、耐えきってしまうか、長い詠唱中に逃げるか
 のどちらかで対応できます。

 参考になるか解りませんがダメージの例を書いておきます。
 防御等級63、防御力308、金属系装備のミフユで
 24,000前後のダメージを受けていました。

ルーム6
・カオスレッドスパイダークラブ
 物理攻撃のみのなので『プロテクションフィールド』で
 乗り切ることが可能です。

・カオスアイスゼブライーター
・カオスファイアゼブライーター
 こちらの2種類の敵はアイス、ファイアと3属性を扱うと
 思わせるような名前ですが、名前に反して攻撃は念動系です。
 防御手段には『スピリチュアルシールド』を使いましょう。

・カオスゴールデンスパイダー
 通常、スキル共に物理系の攻撃をしてきますが
 スキル攻撃はダメージを負わされると転倒してしまうので
 スキル詠唱中にこちらから即時発動のスキルで妨害するなど
 スキル攻撃を中断させることが出来ます。
 防御バフには『プロテクションフィールド』が望ましいです。

ルーム7
・カオスヴァンパイアバットロード
 通常攻撃は物理ですがスキル攻撃も使ってきます。
 スキル攻撃に関しては滅多に使わないので
 どういうタイプの攻撃属性かわかりませんでした。
 防御手段は『プロテクションフィールド』のみで大丈夫でした。

・カオスキメラ(レベル:112) 属性不明
 カスティア鉱山の第二の難関キメラです。
 通常攻撃は物理系のようで『プロテクションフィールド』で大丈夫!
 といきたいところですが、キメラはスキル攻撃を多用してくるため
 『プロテクションフィールド』を使うと回復アイテム使用不能になるため
 真っ先に除外対象になってしまいます。

 では、スキルに備えて属性系統のバフを!と思いたいところでしたが
 こちらもクリサリスと同様に魔法スキルの属性が不明瞭でした。
 ですので魔法自体を無効化するような『マジックバリア』『ロペラ』
 などのスキルで防衛しておくことが望ましかったです。

 あと、体力がある程度減ってきますと
 イーグルヘッド、ユニコーンが現れはじめて混戦模様になってしまいます。
 特にイーグルヘッドの攻撃がとても強いため
 キメラと戦う場合は入り口より最も離れた場所で
 戦うことが主流となっております。

・カオスイーグルヘッド
 キメラの体力が一定量減ってしまうと入り口付近に現れてきます。
 通常攻撃は魔法系で攻撃力も高く遠距離攻撃かつ密集しています。
 ですが、イーグルヘッドは移動が出来ないという欠点があるので
 殆どの方があまり相手にしていないというのが現状らしいです。

・カオスユニコーン
 キメラの体力が一定値以下になると召喚することがある敵です。
 通常攻撃は物理系で防御手段もたやすいですが
 この敵の厄介な点は自己の防御力や攻撃力を高めてしまう点で
 防御力が高くなるとどうしても硬くなってしまいます。

 ですが、ユニコーンのバフスキルは解除手段があり
 『ディスペルマジック』を使うと
 すべてのバフを消去することが出来ます。が、
 詠唱者を含む範囲内にいるすべての敵、キャストが対象のため
 味方のバフも一様に消し去ってしまいますので
 詠唱者から離れる、詠唱範囲内ギリギリに敵を配置するなど
 使うほうの技術やコンビネーションが問われることになります。

ルーム8
・カオスロク
・カオスムービングロック
・カオススパイクロック
 こちらの3匹の敵はどれもが物理攻撃なので
 『プロテクションフィールド』さえ掛けておけば
 安全に倒しきることが出来ます。

・カオスアルガス
 通常攻撃、スキル共に範囲系の攻撃をしてきます。
 攻撃の属性は念動系らしく『スピリチュアルシールド』で防御可能です。
 また、体力が一定値以下になるとロクとプリパンドラを召喚してきます。
 ロクならばある程度は耐えておくことは可能でしょうが
 プリパンドラは攻撃力も高く非常に強力なスキルを使ってくるため
 アルガスと戦う前にアルガスがいる地点からターゲットを取りつつ下がり
 ロクが3匹いたポイント辺りまで下がって戦うと
 プリパンドラはまだ襲ってこないので安全に戦うことが出来ます。

・カオスプリパントラ
 アルガスの部分にも少し記載しましたが
 通常攻撃は遠距離で攻撃力もとても高く、スキルも強力なため
 防御手段はしっかりと備えて戦うのが望ましいでしょう。
 ですが、やり過ごしてしまう手段もあり、方法は次の通りです。
 プリパンドラにターゲットを受けてしまったキャストは
 プリパンドラに倒されてしまうまで手を出さないようにします。
 すると、攻撃が止まってしまうので、その後に蘇生する
 という方法です。フォビタン戦と同じやり方なので
 そちらにも目を通しておくといいと思います。


ルーム9
・カオススカルラプター
・カオススケルトンウォーリアリーダー
・カオススケルトンウォーリア
 こちらの3匹の敵はどれもが物理攻撃なので
 『プロテクションフィールド』さえ掛けておけば
 安全に倒しきることが出来ます。
 
・カオススケルトン(レベル:117)
 通常攻撃、スキル共に魔法系で念動属性タイプの攻撃をしてきます。
 『スピリチュアルシールド』で防御しつつ
 積極的に攻撃していきましょう。
 注意すべき点は使ってくるスキルの威力は高めの上に
 デバフ要素が入っていることでダメージを受ければ
 即座に体力を回復しておくことが望ましいと思います。

ルーム10
・カオスデカラビア
 鉱山最深部にいる敵で実質上鉱山のボスといっても過言ではありません。
 最後ということもあり攻撃力は非常に高く苦戦は必至です。
 通常攻撃、スキル共に魔法系で属性は念動属性なので
 『スピリチュアルシールド』が好ましいです。

 ただ、これまでのボスと同様に一定量体力が減ると
 周囲の敵が動き出してきたり、召喚してきたりと
 混戦模様になってしまいます。
 周囲の敵は物理系の攻撃ですが、召喚してくる敵は魔法系で攻撃してくるため
 周囲の敵とボスを相手にするチームは別行動で動いておくと
 防御もしやすくなることだと思います。

 このボスの最大の難点は使用してくるデバフ系スキルの中に
 同士討ちをさせるタイプのスキルが存在する点です。
 解除方法はわかりませんでしたが、ボス並みに強くしたキャストたちが
 味方を襲ってくるため同士討ちになってしまい
 やられてしまうことがあるという点です。

・カオススケルトンメイジ
 デカラビアが一定量の体力が減ってしまうと召喚してくる敵です。
 デカラビアの簡易版という感じの敵で
 デカラビアに備えた防御手段で対応できると思います。


最後に今回のカスティア鉱山のデータ収集に協力してくださった
お二人に感謝を述べたいと思います。
ありがとうございました。このデータは有効に使いたいと思います。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。