スポンサー広告 > 屋敷の主の願い
グラナド・エスパダSS > 屋敷の主の願い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋敷の主の願い

螢「ごめんください、何方かいらっしゃいませんか?」

???「誰だ!?ワシは研究で忙しいんだ!帰れ!」

螢「この屋敷の主の大事なものを拾ったので届けに来たのですが・・・」

???「なんだと!?」

螢「申し遅れました、私の名前は・・・・・・」


フェルト「あ、あれ!?」

クリスカ「なに?追いついたの!?」

フェルト「道に迷っちゃった・・・テヘ」

クリスカ「可愛く言ってるばあい!?
     何処で見失ったのよ!!」
トルシェー「・・・・・・でな、娘がワシに言うんだよ!」

螢「ふむふむ・・・・・・」


クリスカ「ここかな?」

フェルト「あっちから声が聞こえるね、入ってみようよ」

???「わはは!なかなか面白い奴だな!」

クリスカ「なんだか楽しそうだね。
     こんにちは。」

???「なんだ、今日は千客万来だな・・・」

螢「あれ?二人ともどうしたんですか?」

二人「どうしたって・・・はぁ・・・・・・」

螢「とりあえず、紹介しますね
  このお二人は私の友達でクリスカとフェルトといいます。」

クリスカ「クリスカです、どうぞよろしく。」

フェルト「フェルトといいます。」

トルシェー「ワシはトルシェーだ。」

クリスカ「って自己紹介している場合じゃないでしょ!?」

トルシェー「なんだ!?急に大声をだしおってからに!
      ビックリするではないか!?」

クリスカ「私たちはこの人に用があるから来てるんだから!?」

トルシェー「なんだと・・・?」


螢「・・・・・・ということで、私たちはオーシュから依頼を受けてきていたんです」

トルシェー「ふむ・・・・・・近くを通りかかったものが
      ワシのつくった人形に驚いておるのか」

クリスカ「ということになりますね。
     オーシュとしては怪我人などが出ないうちに」

クリスカ「トルシェーさんに連絡を付けておきたかったみたいです」

トルシェー「とはいえ、ワシは研究の邪魔をされなくなるから
      かえって好都合なのだがな・・・」

螢「差し支えなければ、どのような研究か聞いてもよろしいでしょうか?」

トルシェー「実はな・・・ワシの娘を蘇らせる研究をしとるのだよ!」

クリスカ「えぇ!?」

フェルト「こ、このおじさんもしかして危ない人?」

螢「死者を蘇らせるなんて!そんなことを望んではいけません!!」

トルシェー「ま、待て待て!言い方が悪かった!」

三人「???」

トルシェー「ワシがやろうとしていることは人形をつくることだ!
      例え人形でも娘にはそばにいてほしいのだよ・・・・・・」

フェルト「にん、ぎょう?この屋敷にいるような???」

トルシェー「そうだ、ワシだって娘には生き返ってほしいとは思うが
      それだけは絶対にしてはならないことだ・・・」

クリスカ「詳しい事情は聞かないでおくけど
     街の人たちの安全は確保できるのかな?」

トルシェー「ワシの研究が終わればそれも可能だが今は難しいな」

螢「研究が終わるまで街の人たちに
  近づかないよう呼びかけるしかありませんか」

クリスカ「それでもいいとは思うけど問題は研究期間だね。
     後どれくらいで目処が立ちそうなんですか?」

トルシェー「研究自体は終わっとるのだが
      執事たちにパーツを集めさせている最中でな・・・」

フェルト「パーツって・・・自分で作らないの?」

トルシェー「パーツをな、盗まれてしまったのだよ・・・」

フェルト「ええ!?こんなガラクタを!?いったい誰によ!」

トルシェー「ガラクタとはなんだっ!まったく・・・!
      屋敷の中にいる人形に盗まれたのだよ。」

螢「自分たちで体の修理でもするつもりなのでしょうか?」

トルシェー「いや、娘のパーツと屋敷の人形たちのパーツは
      規格からして違うからの・・・
      理由がわからんのだ!」

螢「私たちが手伝えばそれだけ早く安全は確保できるのですか?」

フェルト「えっ!まさか手伝う気!?」

螢「ええ、いけませんか?」

フェルト「いけないわけじゃないけど・・・」

トルシェー「ワシとしては助かるがいいのか?」

クリスカ「螢は放って置いても手伝う気みたいだし構わない、かな」

トルシェー「おお!そうか!助かるぞ!」

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。