スポンサー広告 > 新大陸に到着・・・
グラナド・エスパダSS > 新大陸に到着・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新大陸に到着・・・



船長「長い船旅だったが、楽しめたかな?」

 螢「はい、船という狭い範囲ではありましたが
   見たものは新鮮でした」

船長「開拓者はまずリボルドヴェに集まるから
   行ってみるといい」

 螢「色々とお世話になりました」

船長「道中、気をつけてな」

kei_01_02.jpg


螢「ここが新大陸・・・
  父と母が出会った土地ですか」

kei_01_03.jpg


   螢「なんと見事な!
     私の育った場所にもこれほど綺麗なものは・・・」

  アル「姉さん、あれって・・・」

クリスカ「あ、船で同席してた人だよね?」

  アル「こんにちは、またお会いしましたね」

   螢「?・・・アル・アジフさんにクリスカさんではありませんか、お久しぶりです」

クリスカ「お久しぶりね、こんなところで噴水なんて見上げてどうしたの?」

   螢「これは噴水というものなのですか」

  アル「ええ、そうですけど、あなたの土地には無かったのですか?」

   螢「はい、これほど立派な水を使った飾りなど私は目にしたことがありません」

クリスカ「立派なもの、なのかねぇ・・・?」

  アル「姉さんは剣や衣服にしか興味がありませんものね」

クリスカ「悪かったね、それだけで。でも、螢の家宝の剣は綺麗だったね」

   螢「お褒め頂き嬉しく思います、お二人はどちらへ?」

  アル「私たち今から開拓支援本部まで行くつもりだったのですが
     ご一緒しませんか?いいでしょ、姉さん?」

クリスカ「ああ、かまわないよ。螢も今からでだろうし、一緒に行こうか」

   螢「はい、ご同行させて頂きます。ありがとうございます」

クリスカ「相変わらず堅っ苦しいね、
     私にはもっと砕けてくれって船の中でも言ったのに・・・」

   螢「礼節は大切ですから、疎かには・・・」

  アル「そうですよ、それに姉さんが乱暴なだけです!さ、螢さん行きましょ?」

クリスカ「私はそんなに乱暴か?」

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。