スポンサー広告 > 人形が住まう屋敷(後編)
グラナド・エスパダSS > 人形が住まう屋敷(後編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形が住まう屋敷(後編)

螢「人の気配が全くありません・・・
  本当に人が住んでいるんですか?」

クリスカ「住んでいるのは間違いないみたいだけど・・・」

フェルト「留守なだけじゃないの?」

螢「人が近くにいないのは間違いありませんが
  何か多数のものが動いているような気配が・・・」
クリスカ「どうだった?」

フェルト「た、沢山の人形がウロウロしてる・・・」

螢「ということは・・・」

クリスカ「また襲われる、かもね」

フェルト「人がいるかも確認したほうがいい、よね」

クリスカ「安全確認を怠らないように注意しながら進みましょ」


???「オ客様。侵入者。オ客様。侵入者。」

フェルト「言葉が片言みたいだけど、襲ってこないみたいね」

螢「一応調査が目的ですし、銃はしまっておいた方が・・・」

フェルト「構えてるわけでもないし、きっとだいじょう・・・」

???「銃器。ショジ。確認。銃器。ショジ。確認。」

クリスカ「なんだか雲行きが怪しいような・・・」

???「侵入者。ハイジョ。侵入者。ハイジョ。」

フェルト「まだ何もしてないよ!?」

クリスカ「やっぱりこうなるの!?」

螢「誤解から人形を壊すのは納得できませんし・・・
  二人ともどこかに隠れてやり過ごしましょう!!」

フェルト「とにかく逃げよう!」


クリスカ「しばらくここに隠れていよう・・・」

フェルト「ヒドイ目にあったね~」

クリスカ「誰のおかげやら・・・」

フェルト「わ、わたしのせいだって言うの!?」

螢「お二人とも落ち着いてください!
  初めはどうかと思いますが屋敷のことは不慮の事故ですよ」

フェルト「初めはって・・・あなたも結構きついこというわね」

螢「なにがです?」

クリスカ「ぜんっぜん気付いてないから気にするだけ無駄よ。」

フェルト「はぁ・・・そのようね」

螢「???」

???「ソコ。誰カ。イル。ノカ。」

フェルト「い、いえいえ!決して怪しいものでは!」

???「ゴ主人様。チガウ。怪シイ。」

フェルト「ちょ、ちょっと!?」

クリスカ「怪しい人に限って怪しくないって言うよね」

フェルト「言うに事欠いてなにいってるのよ!?」

螢「お二人ともそんなこと言ってる場合では・・・!!」


フェルト「はぁ・・・はぁ・・・
     わたしの今日の運勢って最悪、だったかな・・・・・・?」

クリスカ「もう何だっていいよ・・・・・・」

螢「不可抗力とはいえ、こんなに壊してしまって大丈夫なのでしょうか」

???「ダイジョウブ。壊ス。問題ナイ。」

螢「あなたは・・・?」

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。