スポンサー広告 > カティマの実戦練習(後編)
グラナド・エスパダSS > カティマの実戦練習(後編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カティマの実戦練習(後編)

katima_04_01.jpg

カティマ「あんなことがあったのに
     オーシュからの依頼を受けるなんて意外だね」

クリスカ「あれはあれ、それはそれ。ですよ
     それに・・・」

螢「困っている人々を助けるための仕事です!
  お二人とも気を引き締めて参りましょう!」

クリスカ「うちの家にはこのように真面目な人もいますから・・・」

カティマ「それじゃ
     あたしも螢を見習って頑張ってみようかな!」

katima_04_02-1.jpg

クリスカ「打ち合わせ通り散開してくれたけど
     カティマさん大丈夫かな・・・」

クリスカ「ん・・・?
     いたいた!」

katima_04_02-2.jpg

クリスカ「うぉりゃぁ~!!」

katima_04_03-1.jpg

螢「そこの盗賊!」

盗賊「な、なんだぁ!?」

螢「あなた達の悪事もこれまでです!
  おとなしく観念なさい!」

盗賊「いきなり現れてなに言ってんだ!」

katima_04_03-2.jpg

螢「命までは取りませんが・・・
  骨の1,2本はご覚悟を!」


カティマ「あの二人の腕なら大したことないだろうけど・・・」

盗賊A「よう、ねえちゃん!
    身包みおいてってもらおうか!」

カティマ「もしかしてあたしに言ってるのかい?」

盗賊B「まて!その女は・・・!」

katima_04_04-1.jpg

ドンッ!!!

カティマ「へぇ・・・あたしのこと知ってるやつもいるんだ」

ドサッ・・・

盗賊B「な、なんでアンタがこんなところに・・・!?」

カティマ「あんたが何であたしを知ってるのかしらないけど
     こっちも仕事できてるもんでね・・・」

盗賊B「く、くるな!」

katima_04_04-2.jpg

カティマ「今日は命まで取ろうってわけじゃないんだ・・・
     安心して気絶してなっ!」


螢「クリス!
  そちらの首尾はいかがでしたか?」

クリスカ「ん~・・・あらかた捕縛できたと思うよ。
     そっちは?」

螢「私のほうも同様です。
  あとはカティマさんですが・・・」

盗賊「・・・すけてくれっ!」

カティマ「別に殺すつもりはないから安心しな!」

盗賊「ぐえ!?」

katima_04_05.jpg

クリスカ「うっわっ!あの一撃、容赦なさすぎ・・・」

カティマ「ん?なんだい二人そろってぼーっとして。
     もしかして二人とも片付けたのかい?」

螢「え、ええ。
  ちゃんと懲らしめて捕縛してますが・・・」

katima_04_06.jpg

カティマ「そうかい、あたしが一番に片付く自信あったんだけど
     二人とも結構容赦しないんだねぇ」

二人「いやいやいや!
   あなたが一番容赦ないですから!」

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。