スポンサー広告 > お姫様との謁見
グラナド・エスパダSS > お姫様との謁見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姫様との謁見

Group_03_01.jpg

螢「緊張しますね・・・
  ところで、どのような方なのですか?」

フィー「えっと~・・・
    あれ?どんな感じだっけ?」

アル「フィー姉さんったら・・・
   そうですね、金髪のロングで綺麗な方ですよ」

クリスカ「おしゃべりしてないで、もう時間だから行くよ」

螢「あ、はい!」

Group_03_02.jpg

アル「この国の偉い人に会えるなんて緊張しますね」

螢「そうですね、失礼がないように気をつけないと・・・」

クローシェ「緊張しすぎても仕方がないですわよ?」

???「ふふ、そのお方の言う通りですよ」

螢「あなたは・・・?」

Group_03_03-1.jpg

???「皆様、はじめまして。
    わたくし、ガブリエラといいます。」

螢「はじめまして、私は櫻井螢と申します。
  本日はお招き頂いてありがとうございます。」

Group_03_03-2.jpg

ガブリエラ「今日は公務と私用を兼ねていますから
      硬い話し方をせずともいいですよ」

クリスカ「お許しも出たし、これで気楽に話せるよ」

アル「姉さん!」
  &
クローシェ「姉様!」

ガブリエラ「構いませんよ
      皆さんとお話してみたいですし、まずは公務から片付けましょう」

Group_03_04.jpg

ガブリエラ「それで、皆さんに折り入ってお話があるのですが・・・」

螢「なんでしょう?」

ガブリエラ「その、外の世界ってどんな感じなんでしょう!?」

一同「・・・は?」

ガブリエラ「人々を纏めている者として知っておくべきだといいますか・・・!」

クリスカ「なるほど、政治手腕はよくても少々世間知らずだと・・・」

ガブリエラ「お恥ずかしいことですが・・・」

クリスカ「それが私用ってわけね」

螢「私たちでわかるようなことでしたらなんでも聞いてください」

ガブリエラ「ありがとう!
      紅茶を入れますからちょっと待っていてくださいね!」

???「失礼します、そろそろ公務の時間が・・・」

ガブリエラ「わかりました、準備をしますので下がってください」

螢「随分と激務なのですね」

ガブリエラ「そんなことはありません
      私たちは皆さんがいて初めて生活ができるのですから。」

フィー「ムシャムシャ・・・」

クローシェ「為政者の鏡のような方ですわね」

アル「そうですね、だから国民に慕われているのね」

フィー「ゴクゴク・・・ぷはーっ美味しかった~」

クローシェ「貴女はほんっとうに空気が読めませんわね・・・」

アル「フィー姉さん恥ずかしいです」

フィー「出された物は美味しくいただくのが礼儀だと思うけど・・・」

クローシェ「時と場合によりますわ!」

ガブリエラ「いいのです
      一人の人として接してくれているようで嬉しいですし
      あれだけ美味しく食べていただけるなら料理長も嬉しいでしょう」

クリスカ「さてと、名残惜しいけど帰りましょうか」

ガブリエラ「皆さん、ありがとうございました」

クリスカ「そうそう、何か困ったことができたらいつでも言ってきて。
     友人として助けに来るからさ、って図々しいかな?」

ガブリエラ「そんなことありません!
      ですが、皆さんを困らせたくはありませんから・・・」

クリスカ「その辺りは気にしなくていいよ
     これだけいるんだから何があっても大丈夫だよ」

螢「私も気にしませんからいつでも頼ってくださいね
  それと激務と思いますが御自愛くださいね」

ガブリエラ「皆さん、感謝します
      螢さんも開拓、気をつけてください」

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。