スポンサー広告 > これからの仲間、今後の不安・・・?
グラナド・エスパダSS > これからの仲間、今後の不安・・・?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの仲間、今後の不安・・・?


クローシェ「随分と楽しそうですわね」

クリスカ「もちろんだよ!やっと思う存分に戦えるからね!」

螢「私としてもお二人の実力が見れるので楽しみです」

クローシェ「まったく・・・力が有り余っている方は野蛮でいけませんわ」

クリスカ「非難するように言ってるけど
     顔がにやにやしてて説得力ないよ」

クローシェ「に、にやにやなんてしていませんわ!」

螢「お二人ともそれくらいにして行きましょう!」

クリスカ「そうだね、それじゃあ頑張ってお金稼ごうか!」

螢「そ、そうですね、頑張りましょう」

クローシェ「新大陸に来ても変わりませんわね・・・」

family_06_02.jpg

クローシェ「こんな内装をしていたのですね、興味深いですわ・・・」

クリスカ「こんな感じなんだ、そこらじゅうボロボロだねぇ・・・」

クローシェ「・・・!
      クリス姉様!むやみやたらに壁に触って壊さないで!」

クリスカ「ちょっと触っただけじゃないか!
     それにモンスターが徘徊しているんだから壊れているも同然でしょ!?」

クローシェ「それでもです!
      遺跡はあるだけでも貴重な古人の遺産です!
      古人の残した物や知識は今の人々にとっても宝なんですから!」

クリスカ「わかった、私が悪かったら、落ち着い・・・」

クローシェ「大体、クリス姉様は古いものに対する扱いが・・・」

螢「お二人とも落ち着いてください
  そんなに騒いでいるとモンスターが・・・!」

クリス&クローシェ「あ・・・」

螢「既に遅かったようです・・・
  お二人とも準備を!」

クリスカ「はぁ・・・
     まぁ、肩慣らしには丁度いいか、クローシェは黙ってみてな」

クローシェ「私のスタンスは少々時間がかかりますし、お任せしますわ」

クリスカ「それじゃあ・・・螢、行くよ!」

螢「はい!」

family_06_03.jpg

family_06_04.jpg

クリスカ「大したことない強さだけど、確かに数が多いね」

クローシェ「ここまで多いと私たちのようなタイプには厳しいですね」

クリスカ「そういうときのためにチーム編成しているんだから
     攻撃に関してはこちらが引き受けるしね」

クローシェ「お二人とも頼りにさせていただきますわ!」

螢「頼りになるかわかりませんが、思う存分やってください!」

family_06_05.jpg

クリスカ「これで当面の生活費ゲット!かな」

クローシェ「クリス姉様、お金に執着する姿はみっともないですわ」

クリスカ「とはいっても、みんな金の使い方が荒いからね。
     フィーはよく食べるし、クローシェも古書あさるしね、執着もするよ?」

クローシェ「なっ・・・!?
      ご自分のことは棚に上げてよく言えましたわね!
      大体、クリス姉様も・・・!」

螢「ですから、こんな所で騒ぐとモンスターが・・・」

クリス&クローシェ「あ・・・」

螢「はぁ・・・あなた方と一緒にいると退屈しそうにありませんね・・・」

クリスカ「そうでしょ?こんな所まできて退屈だとつまらないだろうし、これからもよろしくね」

クローシェ「クリス姉様たちと一緒で騒がしいと一括りにされるのも心外ですが
      これからもよろしくお願いしますわ。」

螢「こちらこそ、といっている間に次が来ましたね」

クリスカ「それじゃ、いきますか!」

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。