スポンサー広告 > 考察:腐敗のデバフの実力は!?
グラナド・エスパダ 考察 > 考察:腐敗のデバフの実力は!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察:腐敗のデバフの実力は!?

皆様ごきげんよう、櫻井螢です。

こちらでは自分で調べてみた色々なことを書いてみようと思います。
調べた結果を書いていくだけにもなりかねませんし
自己満足的要素が高いので私のメモ帳的なものだと思って
閲覧していただくことをご了承ください。

グラナド・エスパダのゲームには色々なデバフがありますが
今回調べてみたものはラッセルくんのスタンス『セイバートゥース』にある
『腐敗』というデバフについてです。

この腐敗というデバフは下記のような効果があります。

相手の抵抗値などを無視して300の固定ダメージを与える。
なお腐敗にはレベルが存在し、レベルの最大は10である。

という効果です。固定ダメージ?レベル?と気になりましたし
特殊短剣も手に入ったのでこれらの効果について調べてみました。

まず、固定ダメージというものは相手の等級や防御力、抵抗値に左右されず
「確実に300」というダメージを与えるということです。

そして腐敗のレベルというのはそのままの意味で
腐敗レベル1に対して固定ダメージは300で、そのレベルが上昇するたびに
固定ダメージも300ずつ増える、というものです。
そのためレベル10では3000の固定ダメージになるということですね。

え?最大でたった3000!?とお嘆きになる方もいらっしゃると思いますが
この「固定ダメージ」というものは実は凄まじいまでのダメージを叩き出してしまうのです!

どうしてかと言いますと・・・・・・
キャストの1度の攻撃に対して300~3000のダメージを追加で与えますが
これはデバフが掛かっている間、誰が攻撃しても常に腐敗レベル分のダメージは約束されていることになります。

例えばですが、ダメージが1しか与えられない時に腐敗レベル1が掛かったとします。
その時点からダメージ1から301に切り替わることになるわけです。
そしてこれが3キャストになれば3倍の903となり
レベルが上昇するにしたがって1800、2700・・・と上昇していくことになります。

上の例えからもわかると思いますが、少数では効果を実感し辛く
即座に倒せる敵相手には不向きですが
レイド戦といった体力が高く持久戦になる相手には効果が高いのです。


このデバフにはデメリットといいますか、弱点も存在しているのでそちらも記載しておきたいと思います。

ホールキャンセラレーション系デバフで腐敗の効果は消えてしまいます。
そのため、レイド戦では必須のホールキャンセラレーションを使用して
重ね掛けするまでの10~14秒ほどの時間にデバフレベルを
どれだけ上昇させられるかが個々人の価値観に通じていくのだと思います。


最後にデバフが入っていない状態のダメージと
腐敗レベルが最大の10のときのダメージの違いを検証結果として載せておこうと思います。
ご協力していただいたのは皆さんに人気?の魔性のエルモクさんです!
(適度の強さと耐久力を持っているので相手としては理想的なんですよね)

check_01_001.jpg

こちらはデバフが入っていない状態です。

check_01_002.jpg

こちらは腐敗レベル最大の状態です。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。