キャスト紹介・解説

カテゴリ:キャスト紹介・解説 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスト紹介:エミリア

emilia.jpg

NPCキャストの一人でグラナド・エスパダというゲーム内の物語に
とても深くかかわっていると思われるキャストです。
エミリア自身から出されるクエストをクリアすると編入可能です。

通常はスカウトだと回復と攻撃補助、
ウィザードだと防御補助というように一方だけしか扱えませんが、
このキャストは両方が扱えるただ一人のキャストです。

装備の付替えは必須になってしまいますが、
攻防補助を一気に使えるのは戦闘面でとても有利に立てます。
回復能力はスカウトより低めですが、しない状態よりもいいので
問題になることはまずないと思います。
その代わり、攻撃性能は皆無と言って良いほどなく
攻撃面で役立てるのは難しいといわざるを得ません。

固有スキルは『ヒーリング』で対象の体力を回復するスキルです。

防御に関しては、高レベルになると礼服しか装備できず
そのままの状態だと体力も低いことから非常に撃たれ弱くなっています。
上手くウィザード系のバフを掛けておくと安全性は向上します。

私の家門内ではゲームを始めた当初から使いたいキャストだったので
スカウトがベテランになり次第、すぐに交代しました。
ただ、私がゲームを始めていた当初、ロザリオという装備は非常に高価で
育成に四苦八苦していたのを覚えています。
ですが、いまでは第一線で活躍しており、バフに回復と大忙しです。

紹介トップに戻る
スポンサーサイト

キャストの紹介・解説など

こちらのページには今後、キャストの紹介、使用感や
自分が使用しているキャストの紹介などを書いていきたいと思っています。

続きを読む

キャスト紹介:グレイス

grace.jpg

NPCキャストの一人で遠距離物理攻撃に特化したキャストです。
編入方法はNPC本人から出されるクエストを
クリアすることで編入することができます。

ステータスは銃を扱うキャスト共通の技術が非常に高く、また
敏捷も高いため基本的な攻撃に関しては銃を扱うキャストの中で
1,2位を争うほどの性能を発揮できます。
装備できる銃は長銃、拳銃、銃剣、散弾銃となっており
このうちの散弾銃はマスケッティアには『装備できない』もので
扱えるキャストも限られています。
散弾銃は通常攻撃でも敵を複数攻撃できる武器なので
敵が密集する場所では大いに活躍しますが、若干攻撃力は低めです。

固有スキルの『ディテクション』は不可視状態の敵、宝の発見および
トラップ解除という能力で通常の戦闘では使用する機会がありません。
ですが、プレイヤー同士の戦闘では使う機会も増えてくると思います。

攻撃は威力、速度とも申し分ない性能ですが
防御に関してはマスケッティア系に共通して低めになっており
体力も少ないことから非常に打たれ弱くなっています。
体力の回復量が敵から受けるダメージに追いつけない環境だと
すぐに倒れてしまうため、散弾銃が仇になる場合もあります。

上に書いたとおり、このキャストは高い攻撃性能を有しており
散弾銃を扱いつつも攻撃速度、威力を両立できることから
放置育成の代名詞的なキャストとして非常に人気が高いです。
私の家門内でも低レベルキャストの育成時にお世話になっていますが
ベテランで止まっているので、他の方とは扱いが違うのかもしれません。

※私は放置をしていないため、他の方とは育成方法やプレイ方法が
 違う可能性が高いことをご了承ください。

紹介トップに戻る

キャスト紹介:アデリーナ

adelina.jpg

NPCキャストの一人で近接物理攻撃に特化したキャストです。
編入方法はNPC本人から出されるクエストを
クリアすることで編入することができます。

ステータスは敏捷が高めに設定されており
ファイターや他のNPCキャストより速い攻撃が可能です。
武器も曲刀、拳銃と速い攻撃が可能な装備で構成されており
スタンスもそれらを使ったものを習得することができます。

攻撃力に関しては曲刀も拳銃も低めで硬い敵には力不足を感じますが
それを補う手数があるのでそう困ることも無いと思います。
序盤のスタンスだと『ツインブレイド』や『ヘブンオアヘル』が
主力のスタンスになり、手数の多さと攻撃力の高さが実感できます。

固有スキルは『レイジ』という自身の攻撃力を上昇させるスキルです。
このスキルは効果がきれると『血の復讐』というバフがかかるため
実際には血の復讐がきれるまでがレイジの効果時間という
他に類を見ないスキルになっています。

防御に関しては近接系でファイターと同じ体力をもち
用途に関しても似たような扱いができる印象を受けるでしょうが
装備できるものが違い、こちらは革鎧しか扱えません。
ですので、正面きって敵を集めて耐えるという戦い方は向きません。

私の家門内ではミフユ編入クエストが実施された時に
クエスト進行に必須のキャストであったため
急遽ベテランまで育成していましたが、ミフユ編入完了後は
ミフユの育成に力を入れたためずっとバラックにいました。
ですが、現在では一人で魔性へ赴く時の近接キャストとして使うため
少しずつではありますがバラックの外へと進出しています。

紹介トップに戻る

キャスト紹介:ミフユ

mifuyu.jpg

NPCキャストの一人で近接物理攻撃に特化したキャストです。
編入方法は他のNPCキャストに比べると特殊で
『編入期間イベント』が開催された時のみ編入可能です。

ステータスのほうは高めに設定されており
オリジナルの曲刀スタンスを二つ習得しています。
他の一般的なスタンスは長剣、大剣、曲刀の
一部のスタンスを習得可能ですが、盾を持つことはできません。
盾をもてない分、攻撃に関しては性能が高く
曲刀や大剣を扱わせた時の威力は筆舌に尽くし難いものがあります
また上記のとおり盾を持つことはかないませんが
使用スタンスによってはガード性能もあり
防御性能も少々高めになっています。
固有スキルは『リサシテーション』で
スカウト系のキャストがいない編成では重宝するでしょう。

並みのNPCキャストでは追随できないほどの攻防の性能ですが
それは物理攻撃に対してのみで魔法攻撃に関しては
ファイターと同じように低い性能になっており
ダメージを抑えることができないところがあります。
また、扱える武器からも解るように対空性能を殆ど備えておらず
浮かんでいる敵に関しては無力に等しいのも弱点です。

私の家門内では攻撃と防御を両方担当していますが
ファイターのように効率よくターゲットを自分に向けられないので
ターゲットの集め方に四苦八苦しつつ頑張っています。
ターゲットの固定方法を確立したときは攻防ともに頼れる存在です

紹介トップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。